歴代ホンダ・インサイトの買取相場情報※年式型式別の査定額

歴代ホンダ・インサイト

初代インサイト

2代目インサイト

3代目インサイト

ホンダインサイトは1999年から発売されたホンダ初のハイブリッド車です。代ごとに車種の外観が大きく変わってきましたが一貫としてハイブリッド車であることがインサイトのアイデンティティです。

 

歴代ホンダインサイト買取情報

■3代目ホンダインサイト買取情報はこちら

2018(平成30)年12月~販売中モデル

ZE4型

3代目ホンダ・インサイトの買取と下取り相場情報※ZE4型
こちらは3代目ホンダ・インサイトの買取と下取り相場情報です。 ・2018年~販売中モデル 3代目インサイトの型式はZE4型です。

 

■2代目ホンダインサイト買取情報はこちら

2009(平成21)年2月~2013(平成25)年5月発売モデル

ZE2型

2代目ホンダ・インサイトの買取と下取り相場情報※ZE2型
こちらは2代目ホンダ・インサイトの買取と下取り相場情報です。 ・2009年~2013年販売モデル 2代目インサイトの型式はZE2型です。

 

■初代ホンダインサイト買取情報はこちら

1999(平成11)年11月~2004(平成16)年10月発売モデル

ZE1型

初代ホンダ・インサイトの買取と下取り相場情報※ZE1型
こちらは初代ホンダ・インサイトの買取と下取り相場情報です。 ・1999年~2004年販売モデル 初代ホンダ・インサイトの型式はZE1型です。

 

ホンダインサイトのリセールバリューはどう?

ホンダインサイトのリセールバリューですがモデルチェンジごとに車種の変化が激しいのでひと括りには言えません。ただし確実なのは初代型と2代目のリセールは良くないということです。

初代型はもう年式が古すぎるので仕方ありませんが、2代目に関してはライバル車のプリウスが強すぎて途中で生産終了となったモデルであり正直に言って不人気車種です。そういったことでリセールも弱いです。

3代目からはハッチバックではなくセダンになり外観がスタイリッシュで燃費性もプリウスに引けを取らないレベルにまで到達していることから中々の人気があります。

ただ車体価格が元々高いこともあってリセールも高そうですが残価率はそれほどでもないという結果が多いです。また流通台数が少ない車種で買取や下取りデータ自体が少なく、その信頼性は高くはありませんので実際に査定してみないとハッキリとした金額が分からないのも実情でしょう。

aber1

※下取りは安い!危険!

sp2これまで何気なく下取りに出していた方は損をしている可能性が高いです。

この機会に買取査定で愛車の査定をしてみませんか?

きっと下取りよりも高く買い取ってくれると思いますよ!

第1位 ズバット車買取比較

ズバット車買取比較
zbat

25ズバット車買取比較の良いところは買取額が高い査定がよく出るという点。
また査定してすぐに愛車の概算額がスグ分かることも良かったです!

大体の金額をスグに知りたい方や更に高額査定が欲しい!という方に良いサービスです。

第2位 カーセンサーnet

カーセンサーnet(リクルート:東証一部上場)
car
あのリクルートが運営する車買取査定サイトがカーセンサーnetです。
中古車情報誌でも有名ですよね。

こちらの特徴は『参加している買取店の数が多い』ということ。

実は地方では買取業者が少ない地域があります。そういった地域でも大手であるカーセンサーnetは強いです。

so1買いたいという買取企業が多い=査定額が高くなるということになります。

安心度+参加企業の多さが魅力♪

第3位 ナビクル

ナビクル

ナビクルは査定するとすぐに車の概算額が分かるところが良いですね。

すぐに査定額を知りたいという方は多いと思います。

so1概算額がすぐに分かるのはナビクルです。


査定額が早く分かる+ネット査定で高く売れる♪

本気で高く売りたい方は是非、2つ以上は査定サービスを使ってみて下さい。

できるだけ多くの査定を受ければそれだけ高く売れる可能性が高くなりますので、

せっかくですからこの機会に一気にやってしまうのが良いでしょう。

インサイト
車売る価格調査部をフォローする
車を売る・売りたい人のためのサイト