2代目エクストレイル買取相場情報※T31型

こちらは2代目エクストレイルの買取情報です。

XT2

【新車価格199~343万円】

※2007年(平成19年)8月~2013年(平成25年)6月発売モデル

2代目エクストレイルの型式はT31型になります。
ディーゼルはDNT31型。

aber1

2代目エクストレイルの買取額は?

約80万~160万円程度

【2代目エクストレイルの買取額:例】

グレード 年式 買取価格
20S FF 2007年 88万円
20X 4WD 2007年 96万円
25X 4WD 2008年 112万円
20X 4WD 2008年 115万円
20X 4WD 2009年 109万円
20Xt 4WD 2009年 124万円
20Gt 4WD 2009年 138万円
20X 4WD 2010年 136万円
20Gt 4WD 2010年 169万円
20X 4WD 2011年 155万円
20X 4WD 2011年 130万円
20Xtt 4WD 2012年 155万円
20Xt 4WD 2012年 142万円
20S 4WD 2013年 109万円

20S、20X=ガソリン車
20GT=ディーゼル車

※あくまでも一例であり、グレード・走行距離・状態によって買取価格は大きく違いがあります。実際に査定しないと正確な数字は分かりません。

中古車販売額から推定する

一般的に中古車販売価格は仕入れである買取価格に1割~2割の価格を上乗せして販売すると言われています。これは車種や状態によって3割上乗せになったりしますので何とも言えないところはありますが間を取って2割で計算してみましょう。

買取概算額計算

2代目エクストレイル
2007年(平成19年)8月~2013年(平成25年)6月発売モデル
中古車販売価格:83.2万円~306.7万円
※Goo-net調べ

買取額の概算は66.5万円~245.3万円

総評・2代目エクストレイルの買取状況はどう?

2代目エクストレイルにはガソリンモデルとディーゼルモデルがあります。

ガソリン車でもそこそこの買取額になっているのが現状です。

またディーゼル車は比較的、高値で買取になっていますが最近ではマツダのSUVやトヨタランクルプラドのディーゼル車が登場していて、オンリーワンのディーゼルSUVではなくなっているということが注意点です。

つまり価格が落ちていくということが予想されます。エクストレイルのディーゼル車はそれ程、燃費性が高いという訳ではないので売るなら早めの方が良いと言えるでしょう。

また2代目と言っても年式は新しいのですが、現行車(3代目)とはエクステリアが大きく違うことからどうしても古いモデルという見方が大勢になってしまいます。

中古車市場での人気も買取額に反映されますので、人気がある内に売るべきだということが結論です。

aber1

※下取りは安い!危険!

sp2これまで何気なく下取りに出していた方は損をしている可能性が高いです。

この機会に買取査定で愛車の査定をしてみませんか?

きっと下取りよりも高く買い取ってくれると思いますよ!

第1位 かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド(ATeam:東証一部上場)
ateam
かんたん車査定ガイドが1位な理由とは?

かんたん車査定ガイドは査定するとすぐに車の概算額が分かるからです。

すぐに査定額を知りたいという方は多いと思います。

他にも多くのインターネット査定サイトがあるのはご存知かもしれませんが、

so1概算額がすぐに分かるのはかんたん車査定ガイドだけでした。

査定額が早く分かる+高額査定も期待できる!

be111

第2位 カーセンサーnet
カーセンサーnet(リクルート:東証一部上場)
car
あのリクルートが運営する車買取査定サイトがカーセンサーnetです。
中古車情報誌でも有名ですよね。

こちらの特徴は『参加している買取店の数が多い』ということ。

実は地方では買取業者が少ない地域があります。そういった地域でも大手であるカーセンサーnetは強いです。

so1買いたいという買取企業が多い=査定額が高くなるということになります。

安心度+参加企業の多さが魅力です♪

be22

第3位 ズバット車買取比較
ズバット車買取比較
zbat

25ズバット車買取比較の良いところは買取額が高い査定がよく出るという点。
ズバットは比較サイトで有名ですから利用する人に利便性を提供することに長けています。

高額査定が欲しい!という方に良いと言えますね。

be3

本気で高く売りたい方は是非、2つ以上は査定サービスを使ってみて下さい。

できるだけ多くの査定を受ければそれだけ高く売れる可能性が高くなりますので、

せっかくですからこの機会に一気にやってしまうのが良いでしょう。