歴代・日産スカイラインの買取相場情報※年式型式別の査定額

歴代・日産スカイライン

11代目スカイライン

12代目スカイライン

13代目スカイライン

日産スカイラインは1957年より販売される伝統ある車種です。主にセダンやクーペ型で一貫してにFRを採用しています。かつては走りに重きを置いたスポーティーな車種であったこともありましたが最近では高級セダン(クーペ)という位置付けになっています。

歴代日産スカイライン買取情報

■13代目スカイライン買取相場情報

2014(平成26)年2月~販売中モデル

13代目・日産スカイラインの買取と下取り相場情報※HV37・HNV37・ZV37・YV37型
こちらは13代目・日産スカイラインの買取と下取り相場情報です。 ・2014(平成26)年2月~販売中モデル 13代目スカイラインの型式はHV37・HNV37・ZV37・YV37型です。

 

■12代目スカイライン買取相場情報

2001(平成13)年6月~2007(平成19)年10月販売モデル

12代目・日産スカイラインの買取と下取り相場情報※V36・NV36・KV36型
こちらは12代目・日産スカイラインの買取と下取り相場情報です。 ・2001(平成13)年6月~2007(平成19)年10月販売モデル 12代目スカイラインの型式はV36・NV36・KV36型です。

 

■11代目スカイライン買取相場情報

2001(平成13)年6月~2007(平成19)年10月販売モデル

11代目・日産スカイラインの買取と下取り相場情報※V35・NV35・HV35・PV35型
こちらは11代目・日産スカイラインの買取と下取り相場情報です。 ・2001(平成13)年6月~2007(平成19)年10月販売モデル 11代目スカイラインの型式はV35・NV35・HV35・PV35型です。 ...

日産スカイラインのリセールバリューはどう?

スカイラインは高級なイメージがあってリセールも良さそうですが実際はリセールが弱い車種です。

セダンやクーペといった車種が中古車市場では人気が低下していて実際に買うという人が少ないのが原因でしょう。やはり高級セダンを買う層はどうしても最新モデルを欲しがるので中古車市場では買う対象車になりづらいということですね。

結構買取額が落ちるのが早いので売るなら早めの対応をオススメします。セダンは今怖いです(落ち方が)。

aber1

※下取りは安い!危険!

sp2これまで何気なく下取りに出していた方は損をしている可能性が高いです。

この機会に買取査定で愛車の査定をしてみませんか?

きっと下取りよりも高く買い取ってくれると思いますよ!

第1位 ズバット車買取比較

ズバット車買取比較
zbat

『ズバット車買取比較』は査定するとすぐに車の概算額が分かるところが良いです!

すぐに査定額を知りたいという方は多いと思います。

so1概算額がすぐに分かるのはズバット車買取比較です。

査定額が早く分かる+ネット査定で高く売れる♪

第2位 カーセンサーnet

カーセンサーnet(リクルート:東証一部上場)
car
あのリクルートが運営する車買取査定サイトがカーセンサーnetです。
中古車情報誌でも有名ですよね。

こちらの特徴は『参加している買取店の数が多い』ということ。

実は地方では買取業者が少ない地域があります。そういった地域でも大手であるカーセンサーnetは強いです。

so1買いたいという買取企業が多い=査定額が高くなるということになります。

安心度+参加企業の多さが魅力♪

第3位 ナビクル

ナビクル

ナビクルも査定額がすぐ分かって良いですね。

ズバットと査定額を比較するという使い方が良いです。

so1

査定額がすぐ分かる+他と比較するのに最適

できるだけ多くの査定をして高く買うところを見つけましょう!

本気で高く売りたい方は是非、2つ以上は査定サービスを使ってみて下さい。

できるだけ多くの査定を受ければそれだけ高く売れる可能性が高くなりますので、

せっかくですからこの機会に一気にやってしまうのが良いでしょう。

スカイライン
車売る価格調査部をフォローする
車を売る・売りたい人のためのサイト